バイアグラは夢の薬

バイアグラが使用される様になったとき、日本ではかなり話題になりましたよね。

夢の薬などと騒がれて、日本で認証される前から、随分とニュースになったことを覚えている方も多いのではないでしょうか?バイアグラは1998年にアメリカで登場したEDの治療薬です。

今ではもう日本でも承認され、ED治療薬の第一線として多くの実績を上げています。

EDという言葉が知られる様になったのは、このバイアグラが騒がれ出してからのことだと思います。

インポテンツと呼ばれ、勃起できないのは老化現象の1つとして、諦めていた男性も多くいることでしょう。

勃起ができなくなったら、それでおしまいと言う考えは、それまでEDの有効な治療がなかったからかもしれません。

ですから、ファイザー製薬会社から、このバイアグラが販売された時は、世界中の勃起不全をもう諦めていた男性に夢と希望を与えたのかもしれません。

あれだけ注目されたのもそういったことかもしれません。

このバイアグラは、もともと狭心症の治療に用いるために開発された薬が元で出来上がりました。

シルデナフィルクエン酸塩という有効成分が狭心症に効くと考えられたのですが、臨床試験において結果はあまりよくなく、諦めていたところ、一人の男性が勃起不全に効果があるという効果を得ていたことから始まります。

新しいものとは、こういったひょんなことから生まれることもありますよね。

狭心症の有効成分と考えられたシルデナフィルはEDに効果のある治療薬として、研究開発され、世界に広く知られる様になったと言うことです。

オススメ>>風俗の伝道師in神栖